テキサス州の男性の医療処置のための新法案

テキサス州の男性の医療処置のための新法案では、金曜日に国家代表は、テキサス州と題して下院の法案を提出しました。
法律を国民の知る権利や24時間の予備診察後に男性を必要とするであろう選挙受け精管切除、大腸内視鏡検査やバイアグラの処方などです。
それがクリアされている場合、州で制定された法案は、特にテキサス州では抗労働法に関する研究となるわけです。
ファラーは彼女が制定されません。
と、提案風刺の規定を知っていた人もテキサスのフォーラムに語りました。
それは彼らの目的ではありません。
全国のジャンク科学を推進するために医師を強制するアンチ中絶法案もあります。
私が見たいと思ってみたら、それは人々が停止し、考えさせることであると、ファーラーは新聞に語りました。
たぶん私の同僚は余裕がないことが、その人または投票しなかった人のために投票すると私はそれが彼らが優先順位を決定するのに役立つ、彼らの心を変更することを願っています。
知る人の権利は、女性は各コースに直面する真の法律や医療の制限を反映しています。
ジェシカ・ファーラーさんに関しても、2017年のインディアンとして活躍しています。
例えば、待機期間24時間は家族計画プログラムに従って、テキサス州に渡された2011法を反映して、法律は少なくとも24時間超音波前に中絶に女性を強制します。
ファラーはテキサス・トリビューンであり、この待機期間を語ったと女性の心の中で混乱しています。
彼女の法案はまた、これらの手順として、「国民の知る権利」と題する資料パンフレットを受け取る模索する人々を必要とするであろう。
これは、精管切除関心バイアグラ薬リングや大腸内視鏡検査の人と医療情報に関する懸念を追求含まれている必要があります。
規則と手順の情報冊子を「知っている女性の権利」と題する。

材料のルールや手順の作成と配布し、完全に遵守しますが、法案はパンフレットについて言います。
法律は2003インフォによると、中絶を求めている女性を与えるために医師を必要とします。
それは同意の法則と呼ばれているものです。
月にテキサス州の公共ラジオ放送は、この冊子は長年にわたり、それは「イデオロギー主導と医学的に不正確であることを主張嘲笑評論家、の対象となってきたここで見つけることができることを報告しました。
フラセラのトライアルの口コミは?ドクターズコスメの効果は?